現在位置
  1. HOME
  2. ゲーム詳細 : 遠隔捜査 真実への23日間

遠隔捜査~真実への23日間~

基本情報

タイトル
遠隔捜査~真実への23日間~
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント [HP]
発売日
2009/2/5
定価
4,980 円 (5%税込)
ジャンル
冤罪証明バトル
公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/enkaku/
CERO
B(12歳以上対象)
概要
【メーカーより】・勾留期限(ルビ;タイムリミット)は、23日間。とらわれた留置場の中から、事件
の真相を捜査する 冤罪証明バトル
■内容解説
私立探偵・斉藤光志は、殺人事件の容疑者として突然逮捕される。が、当日の記憶
は酒に酔っていて一切ない。留置場の光志を訪れる様々な接見人から手がかり<ク
ルー>を集め、己の無実を証明せよ!
■セールスポイント
●23日のタイムリミットが醸し出す緊張感
実際の日本の司法でも、勾留期限は最大23日間。勾留されている間に、身の潔白を
証明する手がかり<クルー>を集め、推理し、警察からの「取調べ」時に<証明>
しないと有罪となってしまう。最初から終了日数が限定されていることで、これま
でにない緊張感あふれるゲームフィールを約束する。
●緊迫! 1日1回の「尋問パート」! 息詰まるロジックバトル!
敏腕刑事・三浦を相手に繰り広げられる「尋問」。投げかけられた質問、追求に的
確に答えられるのか? 集めた手がかり<クルー>の出し方ひとつが運命を左右す
る。
「尋問」の行方は、心証ゲージで分かりやすく表示。うまく答えられないと、心証
悪化で5日目なのにイキナリ起訴される! なんてこともアリ。
●マルチシナリオで展開する、やりごたえたっぷりのストーリー
拘束期間中、無実を立証できず起訴されてしまう「バッドエンド」。無実を証明し
、釈放される「ノーマルエンド」。無実を証明できたうえで、事件の真相を暴き、
真犯人をつきとめる「グッドエンド」の、マルチシナリオ展開。登場キャラクター
は総勢30名以上。総プレイ時間、約25時間。謎が謎を呼ぶ事件の真相をつきとめる
ことはできるのか?
●全編フルボイス! 人気キャラクターデザイナーを起用!
主人公に、小野大輔氏(「涼宮ハルヒの憂鬱」「AIR」他)を迎え、オールキャス
ト、全編フルボイスでストーリーに情感を添える。キャラクターデザインは、人気
の松竹徳幸氏。
評価

このページの先頭へ

攻略本など(関連商品)

このページの先頭へ

シリーズ

シリーズはありません

このページの先頭へ